« 第9回三浦海岸桜まつり | トップページ | 2011春彼岸の特典 »

2011年2月16日 (水)

春彼岸の意味

2011を迎え、早くも来月は春のお彼岸です。

お彼岸とは、春分の日または秋分の日(お中日)をはさんだ前後一週間を言います。

今年のお彼岸は3月18日がお彼岸の入りで、21日がお中日、24日が明けになります。

春のお彼岸は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」と言われており、「ぼた餅」を作って仏壇にお供えしたりします。

お彼岸にはお墓やお仏壇をきれいにして、ご先祖様への感謝の気持ちを忘れないという事、またこの風習を次の代まで伝えていくと言うことが大切なのかもしれません。

また、意味を知ってからお墓やお仏壇にお線香をあげに行くと、手を合せた時の気持ちが違った物になります。

|

« 第9回三浦海岸桜まつり | トップページ | 2011春彼岸の特典 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春彼岸の意味:

« 第9回三浦海岸桜まつり | トップページ | 2011春彼岸の特典 »